Delphi XE 2 – Webサービスの作成と使用

Delphi 2009の新機能です。

私はDelphi XE2を使ってWebサービスを作成しています。

XPの下でIISを使用してローカルマシン上にスタンドアローンCGI
exeとしてサービスを作成します。私は本当に2つの質問があります。

  1. If I create the service (Delphi XE2) and deploy it in
    InetPub/…. – and then open that exe file
    (http://localhost/Folder/exeName.exe) with Internet
    Explorer it fails. I don’t seem to get a WSDL file generated, but
    read somewhere I can append /wsdl/ and that seems to work in that
    it recognizes the methods in the interface. So I suppose that’s not
    a question really except it’s a bit tough to type it
    correctly…and I wonder why I don’t get a separate WSDL file.

  2. Here’s the real issue – when I try and consume this – I use the
    wizard to import the WSDL
    (http://localhost/Folder/exeName.exe/dwsl/) and it
    generates the interface and the function which returns it as
    expected. Happy happy. But – when I run it – I get “No WSD or URL
    property was set in the THTTPRIO….”

何か案が?

ベストアンサー

私はその一番下にあり、WSDLインポーターの問題です。
このインポートでは、インタフェースを返すgetメソッドを含むパスカルファイルが生成されましたが、生成されたurl
varriableはnilでした。これはdefWSDLが適切に設定されたためにwierdです。手でファイルを変更しても問題ありません。
Delphi 2009 WSDLインポータはファイルを正しく生成したので、そこに何があるのか​​わかりません。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です