WebStormにJasmineメソッドを認識させるにはどうすればよいですか?

node.js プロジェクトにジャスミン仕様です。仕様はspec
/サブディレクトリにあり、 jasmine-node
の必要に応じて.spec.coffee拡張子を持っています。

WebStorm
IDEで仕様ファイルの1つを開くと、 beforeEach と< code> describe
it
は、ツールチップに「未解決の関数またはメソッドit()」という青色の波線で囲まれて表示されます。したがって、 3.0
EAP
を使用していても、ジャスミンのサポートはいくらかです。これはジャスミン仕様であることを自動的には認識しませんファイル。

I tried going into File > Settings > JavaScript Libraries,
and adding Jasmine as a library (specifying the path to
jasmine-2.0.0.rc1.js), and then going to the Usage Scope sub-page
and checking “Jasmine” in the drop-down list next to “Project”, but
that had no effect — the Jasmine methods still show up as
unresolved.

WebStormにスペックサブディレクトリ内のすべてのファイルや.spec.coffee拡張子を持つすべてのファイルがジャスミンテストであることをどのように伝え、それらのテストで使用されているジャスミンAPIを認識させるのですか?

ベストアンサー

Webstorm/PHPStorm/Ideaで事前定義されたJSライブラリスタブを使用できます

  • Open File > Settings…
  • Select Languages & Frameworks >
    JavaScript > Libraries
  • Click on Download…

JavaScript Library settings

  • Swich to TypeScript community stubs
  • Find karma-jasmine (originally under the name
    jasmine) (If this does not work, try
    jasmine instead)
  • Click on Download and Install

enter image description here

私はJasmine 2.0でこの設定を使用しています

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です