WNDPROCウィンドウのコールバックプロシージャで受け取ったハンドルとCreateWindowから返されたハンドルの違いは?

したがって、 CreateWindow/CreateWindowEx
を使用してウィンドウを作成するときに返されるハンドルと、 WNDPROC
ウィンドウのコールバックにパラメータとして渡されるハンドルの間に違いがあるかどうかは疑問でした関連ウィンドウの手順。この質問のコンテキストは、ウィンドウのハンドルを必要とする特定のAPI関数を使用する必要があるため、ウィンドウコールバックプロシージャで受け取ったハンドルを渡す代わりに、CreateWindowによって返されたハンドルのコピーを保存できる両方のハンドルが同じ場合は、連続操作に使用します。

よろしく、

Devjeet

ベストアンサー

ここで注意してください。ウィンドウプロシージャは、複数のウィンドウインスタンスで使用されます。コールバックはWNDCLASSEX.lpfnWndProcの値によって決定され、同じウィンドウクラス名を使用するCreateWindow/Ex()呼び出しはすべて同じコールバックを使用します。コールバックをクラスインスタンスメソッドにマップする場合は、まずコールバックの
hwnd
引数をクラスインスタンスにマップするサンクを実行する必要があります。もちろん、WM_CREATEの特別なケースを作る。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です